DataChannel

DataChannel 経由のシグナリング

詳しい仕様は Sora のドキュメント を参照してください。

DataChannel 経由のシグナリングを有効にするには、 ConfigurationdataChannelSignaling プロパティに true をセットしてください。 WebSocket が閉じたときに Sora に接続が切断されたと判断して欲しくない場合は ignoreDisconnectWebsocket プロパティに true をセットしてください。

var config = Configuration(url: url,
                           channelId: channelId,
                           role: .sendrecv,
                           multistreamEnabled: true)

// DataChannel 経由のシグナリングを有効にする
config.dataChannelSignaling = true

// WebSocket が閉じたことを無視する
config.ignoreDisconnectWebsocket = true

イベントハンドラ

DataChannel に関するイベントハンドラは MediaChannelHandlers に用意しています。 主なイベントハンドラは以下の通りです。

/// シグナリングが DataChannel 経由に切り替わったタイミングで呼ばれるクロージャー
public var onDataChannel: ((MediaChannel) -> Void)?

/// DataChannel のメッセージ受信時に呼ばれるクロージャー
public var onDataChannelMessage: ((MediaChannel, String, Data) -> Void)?
© Copyright 2018-2021, Shiguredo Inc. Created using Sphinx 4.2.0